古物商免許許可画像

古物競りあっせん業の届出とは?

古物競りあっせん業とはインターネット上でオークションサイトを運営する方のことです。
インターネットオークションを運営することで収益を得るものには届出が必要となります。

古物商許可申請や、古物市場主許可申請は営業開始前の申請が必要でしたが、古物競りあっせん業の届出は営業開始後2週間以内に届出なければなりません。
これはサイト開設前に届出がされても、実際のサイトの確認ができないためです。

万が一届け出をせず営業を行った場合は20万以下の罰金が科せられてしまいます。

 

 

申請必要な書類は次のとおりです。

〇古物競りあっせん業開始届出書2通
〇添付書類

法人の場合
・法人の定款(法人の目的に「古物営業を営む」旨の内容が読み取れる記載があることが必要です)
・法人の登記事項証明書(変更にかかる役員の履歴が記載された「履歴事項全部証明書等」が必要です)
・会社の登記簿に記載されている役員全員の氏名及び住所を記載した書面
・インターネット・オークションのホームページのURLを使用する権利のあることを証明する資料
個人の場合
・住民票(本籍が記載されたもので、個人番号の記載がないもの)
・インターネット・オークションのホームページのURLを使用する権利のあることを証明する資料

注意点として競りあっせん業者には次のような遵守事項が定められています。

1.古物を売却しようとする方から申込を受けようとするときは、その方の住所や氏名や年齢など人物が特定できるような情報の確認と、以下の措置を取るように努めなければなりません。

①口座振替による認証 ②クレジットカード認証 ③エスクロー(※)など
※エスクローとは取引において買い手と売り手の間に、エスクローエージェントと呼ばれる第三者が介在し、代金と商品の安全な交換を保証するサービスのことです。

2.売却しようとする古物が、盗品等の疑いがある時は直ちに警察官にその旨を申告しなければなりません。

3.古物を売りたい方のあっせんを行った時には、書面やパソコン等により、
(1)オークションサイトに出品物を掲載した日
(2)オークションサイトへの出品物の情報や出品者、入札に付与したID等でサイトに掲載されたもの
(3)出品者、入札者が申し出た住所、氏名などの資料で記録することに同意したもの
の記録の作成に努めなければなりません。

4.上記の3の資料は作成の日から1年間保存するよう努めなければなりません。

 

盗品等が第三者に売却されると、所在が不明になるなど被害回復に支障をきたすおそれがあり、さらに取引の安全が損なわれてしまいます。

警察は盗品等と疑うに足りる理由がある場合は、古物に係わる競りの中止を命じることもあります。
このため、古物競りあっせん業の届出をした方は、必要な書類の他に24時間連絡が可能な連絡先を明らかにする必要があります。

 

 

▼まずはこちらからお問合せください。


古物商許可のご案内 予約・お問い合わせは0120-717-067へお電話ください!
古物商の許可取得に関する相談会はこちらから!
古物商許可取得WEBトップページへ

このページの先頭へ